スコアUPへの道

PART23

今回のお客様のお悩みは引っ掛け、距離感、ストロークに悩んでご来店いただきました。

ご使用のパターはオデッセイホワイトホット#5。

まず、実際に打って頂き、データ収集してクセをチェックしてみます。

CIMG8340

データで確認してもテークバックでストロークが不安定なのがよく分かります。

アドレスでハンドダウンになっていて、トゥが浮き過ぎています。これも引っ掛けやすくなる

原因の一つです。更にハンドダウン過ぎるとテークバックでインサイドに入りやすくなります。

円運動が大きくなりインパクトゾーンが点になりやすく方向性も安定しません。

ライ角をフラットにするのも一つですが、シャフトの長さを短くした方が今回は良さそうでした。

ストロークのクセにどういうバランスアングルが合うかチェック!

2本目の72度の傾きのバランスアングルがスムーズにヘッドが上がって綺麗にストローク出来ています。

次にインパクトロフトが立ち過ぎていたので、ボールが横滑りしてロスして転がっています。

ちょっと動画が見にくいかも知れませんがご勘弁を。

ボールの置く位置を半個分左足よりにセットして打ってもらうと転がりが抜群によくなりました。

今回、データを取ってオススメできるパターはこの一品でした!!

BEFORE/AFTER動画も見て下さい。

BEFORE動画

AFTER動画

スコッティ-キャメロン ニューポート2.5 33インチを選ばせて頂きました。

これで良いスコア出して下さい。!!

お問い合わせ

営業時間/月 - 金 11:00am - 7:30pm・土 11:00am - 7:00pm 定休日/日・祝日
お急ぎの方はお電話にてご連絡ください。

Page Top
Language