スコアUPへの道

パターお悩み相談室 PART37 ロフトの重要性

パッティングをする時にパターのロフトを意識していますか?

これがかなり距離感に影響を与えます。ボールはグリーン上、沈んでいます。

遅いグリーンほど沈んでいます。(埋まっている)沈んでいるボールに対して例えばダウンブローに打ち込むと

芝の抵抗を受けすぎるので転がりが悪くなります。かといってアッパーに打ちすぎてもボールが浮きすぎて

「ポンポン」っと跳ねてしまいます。数字で言うと簡単かもしれませんが、理想はインパクトロフト2度くらいが理想です。

「ハンドファーストに打つからロフトを初めから5度にしておこう」って言うのもありですが、コースやグリーンに行ってみないと

グリーンが速い遅いがわからないですよね。ですので知識としてロフトの使い方を知っていると現場で修正できますよ。

ボールの位置を半個左に置くだけでもロフトは寝ますしね。詳しく知りたい方はパターフィッティングを受けてみて下さい。

その際は要予約をお願いします。

動画も貼り付けておきます!

ハンドファーストでボールが浮かずショートしやすいパターン動画

インパクトロフト2度で打った場合

汚い足をお見せしてすいませんでした。(笑)参考にしてみて下さい!!

今年はお盆も営業しますよ!

お問い合わせ

営業時間/月 - 金 11:00am - 7:30pm・土 11:00am - 7:00pm 定休日/日・祝日
お急ぎの方はお電話にてご連絡ください。
※商品在庫の確認は電話でも承りますが、通販のご注文はメールフォームからのみの受け付けとなっております。
尚、店頭在庫は常に稼動しておりますので、正式なご発注でない限り商品の確保は出来かねますのでご了承下さい。

Page Top
Language